大阪・天満発、「創作酒房なかなか」は凝った創作料理が絶品!メニューも日々変化だって?

創作料理
スポンサーリンク

皆さま、こんばんは。
居酒ジャーナルのお時間です。
本日は大阪・天満から創作料理が絶品の居酒屋をご紹介しましょう。
創作酒房 なかなか」です。
場所はJR天満駅から徒歩で3分ほど。

店舗外観

天満と言えば、居酒屋の激戦区。
はしご酒をする呑兵衛が多いことで知られていますが、ここも朝5時まで営業中。
ドリンクも豊富ながら、何よりも創作料理の数々が旨いのです。

踏み入った店内はアットホームな雰囲気。
カウンターとテーブル席で33席となっています。

店内の雰囲気

スポンサーリンク

「創作酒房なかなか」厳選食材の凝った創作料理に舌鼓!

毎朝市場で食材の買い付けを行っているそうです。
その日その日で入荷した材料も変わってくるため、同じメニューでも使用している材料が異なるらしく、それが同店の最大の特徴でしょうか。

加えて板前さん一人一人が毎月新作メニューを考案し、提供しているんだって。
素晴らしいですね!

〝創作酒房〟と銘打つだけに、凝った創作料理に舌鼓と言えましょう。
ほんとに驚きの旨さでしたよ。

板前さんの調理の腕もさることながら、新鮮な食材が独自のメニューを生み出しています。
順にご紹介しましょう。

スポンサーリンク

「創作酒房なかなか」日々変化する旬のメニューは驚きの旨さ!

メニュー表には、ずらりと自慢の料理が並んでいます。
料理は常に100種以上も。


定番メニューでも、ちょっと素材が変わることもあるそうですから、まさに日々変化。

店長さんも、
こだわりは日々変化、日々進歩です。料理は毎日変わっていきます」とおっしゃっています。

創意工夫のメニューが目白押しで、これはちょっと異色です。

まず注文したのは、自慢の「スルメイカの肝バターソース」1680円。
これが旨いのなんの。

これは旨い!

肝バターソースがクセになる味。ぜひ味わって欲しい一品です。
イカも柔らかいし、ビールが進みますね。

さらに「黒毛和牛のネギ衣揚げ」1580円。
一口食べた瞬間、思わず「うんまっ!」と声がこぼれます。

凝った創作料理

肉が柔らかく、旨味が口内に一気に広がります。
タレは3種類(味噌ダレ、粗塩、茎ワサビ)。
筆者の好みは味噌ダレですが、他の2種もつけて食べてみました。けっこういけますね。
おすすめの逸品です!

肉が柔らかい

同じく人気の「〆サバの磯辺巻き」880円。
ちょっとあっさりしたものが食べたかったわけですが、
これもおいしいです。

どの料理も、凝っていて、ひと手間もふた手間もかかっているのがわかりますよ。

ほかに「サワラのレアふらい」1480円も、人気メニューだそうです。

ドリンクは、伊佐美(芋)680円を。
九州に旅行に行ったとき、伊佐美を随分飲みましたが、好きな芋焼酎です。

何しろ焼酎ブームの先駆けの銘柄。実においしいです。
他にも黒霧島(芋)480円などリーズナブル。日本酒や焼酎はオードソックスなものから、いろんな地域の銘酒がそろっています。
入手困難な限定酒もあるみたいだし、焼酎にぴったりの珍味も!

ほんと美味しかった!
もっと食べたかったけど、この晩は1人だったので。
なかなかよかったです。いや、かなりよかったです。
ご馳走様でした。

店舗情報

店名:創作酒房 なかなか
住所:大阪市北区浪花町1-22
電話:06-6373-2037
営業時間:17:00~5:00(平日)
15:00~5:00(土・日・祝日)
定休日:なし
アクセス:JR環状線天満駅より徒歩3分

まとめ

天満は人気店が多く、料理もおいしいお店が増えていますね。「創作酒房なかなか」も、料理はハイレベルと言えます。ほんと、おいしかったですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました