大阪市、和食居酒屋「矗々家(ちくちくや)難波店」のランチが旨い!

大阪居酒屋
スポンサーリンク

皆さま、こんばんは(こんにちは)。

居酒ジャーナルのお時間です。

最近の居酒屋はランチ営業も充実していますね。夜もいいけど、たまには満足のいくランチを食べたい。そんな日もあります。

そこで本日おじゃましたのは、「和食と地酒・個室 矗々家 難波店」です。店名は「ちくちくや」と読みます。

スポンサーリンク

京町屋風の店内でおいしいランチタイムを満喫

チェーン店ですが、難波店は地下鉄御堂筋線なんば駅1番出口から徒歩1分。駅チカですね。
京の趣が溢れる落ち着いた外観で、本格的な和食が評判の居酒屋です。ランチの人気も高いようですよ。

11時30分の開店。人気店なので、早めに足を運びました。オープン前から4、5人がすでに店頭に並んでいましたよ。そして入店してすぐ靴を脱ぎ靴箱へ。そのまま1階のカウンター席へ通されました。

店内は京町屋風の造り。高級感が漂います。
なお2階はカウンター、テーブル席。3階には個室も完備。総席数は64。ランチタイムも予約OKとなっています。

スポンサーリンク

夜は料理長の自信作のコース料理が味わえる

夜は、料理長がその日の自信作を振る舞うコース料理が各種あります。
欅(けやき)会席」120分飲み放題付き5000円コース(全9品)など、見た目も華やかな料理がそろいます。

もっとも今回は、ランチ(平日限定)です。

メニュー表をチェック。いろいろありますね。

・日替わり一汁四菜膳980円(税込み以下同)
・海老とカキフライ定食900円
・お造りと出し巻き定食900円
・おさかな定食980円
・唐揚南蛮定食880円
・いくら醤油丼1150円
・海鮮丼1150円
・鰻丼1600円
・おばんざい十菜膳【梅】1480円など

ご飯、みそ汁はお替わり自由なのも、うれしいです。

スポンサーリンク

いくら醤油丼、うどん付きを注文して満腹!

スタッフさんに聞くと、いちばんよく出るのは、おばんざい十菜膳だとか。どれにするか迷いましたが、いくら醤油丼が気になり、うどん付きを頼みました。
(いくら醤油丼・小鉢・香の物、うどん付きは+150円)

間もなく、届きました。
色鮮やかな均衡美が目にささりますね。見るからにおいしそうです。

まず丼から箸をつけます。卵黄をくずし、ゆっくり味見です。
うまい! 胃が喜びます。

いくらは大量に盛り付けされていますけど、少し小ぶりなんです。
その謎が解けました。

「〝ますこ〟を使っています。鮭のいくらを使うと、その値段ではとても出せません」(板前さん)

ナルホド。
鱒子はマスの卵、マスいくらということ。
もちろん鮭いくらと遜色なくおいしく、プチプチ食感で甘みが強く濃厚な味わい。がつがつと口に入れ、味わいます。
きつねうどんも出汁の味が優れ、丼との相性が抜群でした。

小鉢、香の物も平らげました。

おいしかった。ご馳走様!

店舗情報

店名:和食と地酒・個室 矗々家 難波店
住所:大阪市中央区難波3-7-11
電話番号:06-6649-1197
営業時間:月~日、祝日、祝前日: 11:30~23:00 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:30)
※ランチドリンクのラストオーダーは14:30になります。
定休日:なし
総席数:64席
QRコード決済:PayPay、d払い、メルペイ
アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅 1番出口徒歩1分(マルイ裏)

コメント

タイトルとURLをコピーしました